WebレジストリのGoDaddyがEthereum Name Serviceと提携し、ドメイン名を暗号ウォレットに接続する

By CoinDesk – 2024/02/10 10:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ENSとGoDaddyが提携し、ユーザーがウォレットをドメインにリンクできるようになりました。
ENSとGoDaddyが2,000万人以上のユーザー向けにブロックチェーンドメインを統合

新しい記事では、Ethereum Name Service(ENS)とGoDaddyのパートナーシップについて取り上げられており、ユーザーがインターネットドメインをENSアドレスに無料でリンクさせることができるようになりました。また、ENSとGoDaddyの間で行われている「eth.link」というENSドメインの販売に関する裁判についても触れられています。同様の記事でも、伝統的なドメインとブロックチェーン技術の統合、およびユーザーへもたらす利点について取り上げられていますが、裁判については触れられていません。したがって、パートナーシップの主題は新しい記事と同様の記事の両方でカバーされていますが、新しい記事では、同様の記事には触れられていない両社間の法的紛争に関する追加情報が提供されています。

Ethereum Name Service(ENS)は、Ethereum上で動作するドメイン名プロトコルであり、GoDaddyと合意し、ユーザーがインターネットドメインをENSアドレスに無料でリンクできるようにしました。メインストリーム企業によるWeb3の採用は、弱気相場の間に減速しましたが、ENSとGoDaddyの提携は、ブロックチェーンと伝統的な技術を結びつける新たな関心の復活を示唆しているかもしれません。

ENSの創設者であるNick Johnsonは、CoinDeskに対して、「BeyonceはBeyonce.xyzを所有しており、GoDaddyのページにアドレスを入力するだけでウォレットを設定できます。今やBeyonce.xyzは、事実上彼女のウォレット識別子です。」と語りました。将来的には、Ethereumを超えたさらなるチェーンの統合を目指す予定です。

「現時点では、この統合を使用してEthereumアドレスを設定できますが、今後はすべてのチェーンのアドレスにテキストレコードを設定することが可能になるはずです。つまり、.xyzや.comなど、Web3プロフィールを作成できます。」

この発表は、ENSがGoDaddyとの間でまだ裁判中であり、ENSドメイン「eth.link」の販売を巡って訴訟を起こしたことによるものです。JohnsonはCoinDeskに対して、「一つのことで誰かと意見が合わなくても、良い友人であり、他のことでパートナーシップを築くことができると思います。そして、私たちは多くのことで意見が一致しています。」と述べました。eth.linkの事件はまだ裁判中であるとJohnsonは述べています。

Johnsonはさらに、「過去のシステムが存在しないように見せかけず、すべてをゼロから再発明しようとするのではなく、既存のシステムを活用し、上に構築することで、命名とWeb3はより良く機能すると考えています。」と付け加えました。

詳細はこちら:GoDaddyがEthereumドメイン名サービスVital Eth.linkの販売で訴訟を起こされる

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: