仮想通貨企業Bakkt、存続の危機に警鐘

By CoinDesk – 2024/02/11 17:00:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Bakkt、現金不足により運営継続が困難に

この記事と類似の記事の両方が同じ主要なポイントについて議論しています。それは、Bakktの財務的な苦境、SECへの申請、事業焦点の変更、および株価の下落です。具体的な詳細としては、Bakktが売却を求めている証券の金額(1億5000万ドル)なども両方の記事で言及されています。したがって、新しいニュースには、既に類似の記事で報告されていない新しい事実や数字は含まれていないようです。

仮想通貨プラットフォームのBakktは、親会社であるIntercontinental Exchangeによって所有されており、存続が困難になる可能性があると警告しました。米国証券取引委員会への提出書類によれば、同社は現金および制限付き現金が次の12か月間の運営資金として十分でない可能性があると述べています。この問題に対処するため、Bakktは最大1億5000万ドル相当の証券を売却することを検討しています。

Bakktは元々、スターバックスの顧客がビットコインでコーヒーを購入できるようにすることを目的として設立されましたが、2021年にデジタルウォレットの提供を終了した後、仮想通貨の保管および取引サービスに焦点を移しています。同社は2021年に上場しましたが、株価は大幅に下落しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: