イーサリアムのバリデーター参加待ちキューが増加し、ステーキングへの関心が再び高まっていることが示されています。

By CoinDesk – 2024/02/12 16:50:06 (JST)

イーサリアムネットワークでは、ステーキングを希望するバリデーターの数が大幅に増加しています。バリデーター参加待ちキューは10月6日以来の最高水準となり、7,000人以上のバリデーターがネットワークへの参加を待っています。これらのバリデーターは最低32イーサリアムをステークし、それに対して債券などの固定収益証券からの利息に類似した一定の利回りを得ます。しかし、ステーキングへの関心が高まっているにもかかわらず、ステークされたイーサリアムの年間利回りはほとんど改善されていません。

ステーカーの数は増加していますが、昨年4月のイーサリアムのShapellaアップグレード後の数値を下回っています。Shapellaアップグレードにより、ステークされたイーサリアムの引き出しが可能になり、参加者にとってリスクの少ないプロセスとなりました。また、バリデーターの退場を希望する人々の待ちリストは、クリプトレンダーのCelsiusが全てのイーサリアム保有を解除する計画を発表した1月初旬に一時的に急増しました。

バリデーター参加待ちキューの急増は、イーサリアムのステーキング活動の復活の兆しを示しています。しかし、アメリカの現物ETFの潜在的な開始時期に関する不確実性や、SECによるイーサリアムの分類についてのより明確な情報の必要性が、慎重な取引を促しています。ETH ETFがコインのステーキングを許可されるかどうかは、市場に大きな影響を与える可能性があるため、トレーダーたちは注視しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: