ライバルの実装が迫る中、ERC-404トークンの価格が下落

By The Block – 2024/02/12 20:50:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ERC-404トークン規格が分割所有権を導入、$PANDORAが急騰
ERC-404の実験的なイーサリアム標準に対する熱狂が高まり、Pandoraトークンが12,000%

新しい記事では、ERC-404トークン標準を使用して構築されたトークンの価格が最近下落していることについて言及されており、特にPandoraトークンとその時価総額について具体的に触れられています。また、ERC-404標準の代替として開発中の新しい標準であるDN-404標準も紹介されています。一方、類似の記事では、ERC-404標準の導入とPandoraトークンの初期価値の急騰に焦点が当てられていますが、最近の価格下落やDN-404標準の開発については触れられていません。したがって、これらの記事は関連しており、同じトークン標準について議論していますが、異なる側面や進展に焦点を当てています。新しい記事は、類似の記事ではカバーされていない新しい情報を提供しています。

ERC-404トークンの価格は、その導入に伴う初期の興奮に続いて、ここ数日で大幅に下落しました。この標準を使用して構築された最初のトークンであるPandoraは、2月9日に3億2400万ドルの最高時価総額を記録しました。しかし、その後、時価総額は半分に減少し、各トークンの価格も1万5000ドルを下回りました。DeFrogsなど、同じ標準を使用して構築された他のトークンも価格の下落を経験しました。DeFrogsの時価総額は3800万ドルまで上昇しましたが、その後68%の減少を記録しました。RugトークンとFroggie Friendsトークンも、導入以来価格が大幅に下落しています。ERC-404トークン標準は、ERC-20トークンとNFTを組み合わせたもので、NFTの分割所有を可能にします。この非常に特異な標準は、トレーダーが新たなトレンドに乗ることを求めるため、暗号コミュニティの間で関心を集めています。

ERC-404トークン標準の欠点と批判に対応して、開発者グループが「Divisible NFT」(DN-404)という代替実装を開発しています。この新しいバージョンは、特に取引手数料の面でより効率的なものを目指しています。ERC-404トークンに関連する取引手数料の上昇が、手数料を低く保つためのコード最適化の経験を持つ開発者たちを刺激し、この新しいバージョンの開発につながりました。Ethereumメインネット上の7日間移動平均取引手数料は、1月末の4ドルから週末には11ドルに上昇しました。これは、新たなERC-404トークン

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: