ブロックチェーン協会、ウォーレン上院議員の提案する仮想通貨AML法案に懸念を表明

By The Block – 2024/02/13 17:50:06 (JST)

米国の仮想通貨業界を代表する非営利団体であるブロックチェーン協会は、エリザベス・ウォーレン上院議員が提案した仮想通貨のマネーロンダリング防止(AML)法案に懸念を表明しました。協会は議会に宛てた書簡で、この法案が米国から資本と専門知識を流出させる可能性があると主張しました。提案された法案は、仮想通貨サービスプロバイダーやマイナー、バリデーター、その他の関係者に対してAMLの検証責任を拡大し、仮想通貨取引におけるセキュリティ上の抜け穴を解消することを目指しています。しかし、ブロックチェーン協会は、この法案が法執行や国家安全保障の取り組みを妨げ、デジタル資産業界の大部分を海外に追いやる可能性があると考えています。

ウォーレン上院議員とブロックチェーン協会が対立するのは初めてではありません。以前、ウォーレン上院議員は協会がテロ資金調達における仮想通貨の役割についての両党の取り組みを阻害していると非難しました。協会は、ハマスの仮想通貨利用に関する報道が大げさであると述べていました。ブロックチェーン協会の議会への書簡は、ウォーレン上院議員の提案法案が米国の仮想通貨業界に対して失業や規制のない海外取引所での流動性の増加など、潜在的なネガティブな影響をもたらすことを強調しています。

ブロックチェーン協会は、ウォーレン上院議員の提案する仮想通貨AML法案が米国の仮想通貨業界に対して資本と専門知識の流出をもたらす可能性があることに懸念を抱いています。協会は、この法案が法執行や国家安全保障の取り組みを妨げ、業界を海外に追いやると考えています。ウォーレン上院議員とブロックチェーン協会の対立はこれが初めてではなく、以前にはテロ資金調達における仮想通貨の役割について対立していました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: