Sei、並列化されたEVMでEthereumアプリの展開をサポートするためにDevnetをアップグレード

By Blockworks – 2024/02/13 23:00:00 (JST)

ブロックチェーンプラットフォームのSeiは、開発者向けのテストネットであるv2のアップグレードを発表しました。このアップグレードにより、Ethereumで開発されたアプリを修正することなくSei上で展開することが可能となりました。Seiは、EthereumとSolanaの最良の機能を組み合わせた実行環境を提供することで、開発者を引き付けることを目指しています。このプラットフォームは並列処理を利用しており、複数のトランザクションを同時に処理することができます。これに対して、Ethereumのスマートコントラクトは順次処理を行います。Seiの並列化されたEthereum Virtual Machine(EVM)は、現行のEthereumの実行環境に比べてスケーラビリティが向上しています。

以前は、SeiはCosmosエコシステム内のCosmWasmスマートコントラクトプラットフォーム上で稼働しており、EthereumのアプリはSei上で実行することができませんでした。しかし、このアップグレードにより、SeiはEthereumのスマートコントラクトとの互換性を持つようになり、開発者は修正することなく新しいチェーン上でコードを展開することができます。Sei Labsの共同創設者であるJay Jog氏は、開発者が直面するスケーラビリティの課題を強調し、Seiの並列化されたEVMは秒間数千のトランザクションを処理できると述べています。比較すると、Ethereumの最大トランザクション数は62であり、人気のあるスケーリングソリューションであるArbitrumは最大で380のトランザクションを処理しました。一方、Solanaは約1,600のトランザクションを処理しています。

Seiのパブリックデブネットは、Seiで開発を行う開発者向けのテストネットとして機能し、プラットフォームは2024年上半期にメインネットへの移行を計画しています。このアップグレードにより、Seiは既に20万人以上の新規ユーザーを獲得し、そのうち多くがNFT取引に参加しています。並列化されたEVMと拡張されたスケーラビリティの約束により、Seiは開発者により効率的かつ効果的な環境を提供し、分散型アプリケーションの構築を支援します。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: