Ripple、米国展開を拡大するためにニューヨークの仮想通貨信託会社を買収

By CoinDesk – 2024/02/14 00:10:05 (JST)

Rippleが米国の規制ライセンス拡大の一環として、ニューヨークに拠点を置く仮想通貨信託会社であるStandard Custody & Trust Co.を買収することを発表しました。この買収により、Rippleはニューヨークの信託憲章を取得し、金融機関向けのアセットトークン化を含むさらなる社内サービスを提供することが可能になります。Rippleは、支払いネットワークとしての評判を超え、ブロックチェーン技術を活用した他の金融商品への拡大を目指しています。この取引は、ニューヨーク金融サービス局の承認をまだ受けていません。

XRPのセキュリティとしての分類に関する米国証券取引委員会(SEC)との法的闘争が続いているにもかかわらず、Rippleは米国市場での存在感を拡大することに取り組んでいます。Rippleの社長であるモニカ・ロング氏は、この買収を長期的なプロジェクトと捉えており、米国の送金ライセンスの残りも完了する予定だと述べています。Standard Custody & Trustの買収により、Rippleのポートフォリオには仮想通貨の保管と決済業務が追加され、顧客は外部パートナーに頼らずにRippleとの保管契約を維持することができます。

デジタル資産に関する規制上の不確実性は依然として懸念材料ですが、Rippleは米国がイノベーションを推進するリーダーとなる可能性を信じています。この買収は、Rippleが以前に仮想通貨の保管会社Metacoを買収した後の動きです。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: