Ripple、Standard Custodyの買収を発表し、規制ライセンスのポートフォリオを強化

By The Block – 2024/02/14 00:10:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Ripple、米国展開を拡大するためにニューヨークの仮想通貨信託会社を買収

新しい記事と類似の記事は、どちらもRippleがStandard Custody & Trust Co.を買収することを取り上げています。両方の記事は、この買収がRippleの規制ライセンスポートフォリオを拡大する戦略の一環であり、取引が規制当局の承認待ちであることを述べています。両方の記事はまた、Standard Custody & Trust Co.が重要なライセンスを保有しており、米国の信託ライセンスを含むことを強調しています。これは、ブロックチェーン技術を活用した総合的なソリューションを提供するためにRippleにとって重要です。しかし、新しい記事は、Rippleのグローバルな拡大についての追加情報を提供しており、増加したヨーロッパのカストディチームや、5つの大陸にわたるクライアントとのパートナーシップを言及しています。また、いくつかの注目すべきクライアントの具体的な名前も挙げていますが、類似の記事では触れられていません。さらに、新しい記事では、Standard CustodyがPolySignの子会社であり、最近シリーズCの資金調達で5300万ドルを調達したデジタル資産インフラ企業であることも言及しています。この情報は類似の記事にはありません。したがって、記事の全体的なテーマは同じですが、新しい記事は類似の記事にはない追加の事実と詳細を提供しています。

ブロックチェーン企業のRippleは、規制当局の承認を待つ形で、デジタル資産プラットフォームのStandard Custody and Trust Companyを買収する計画を発表しました。取引が完了すると、RippleはStandard Custodyの唯一の株主となります。この買収により、Standard Custodyが保有する信託ライセンスを含む重要なライセンスがRippleの規制ライセンスポートフォリオを強化します。これらのライセンスは、ブロックチェーン技術を利用した分散型金融サービスを提供するために、金融機関が包括的なソリューションを求める際に不可欠です。Standard Custodyは機関投資家向けにデジタル資産の保管、エスクロー、決済サービスを提供しています。

Rippleは、ヨーロッパの保管チームを拡大し、5つの大陸にわたるクライアントとのパートナーシップを築くなど、グローバルに存在感を増しています。その顧客には、ドイツのHSBC、DekaBank、VP Bank、DZ Bank、Société Générale、BBVA Switzerland、DBS、Zodia Custodyなどが含まれます。Standard Custodyは、デジタル資産インフラ企業であるPolySignの子会社であり、最近ではシリーズCの資金調達で5300万ドルを調達しました。Standard Custodyの買収により、Rippleのデジタル資産業界における地位がさらに強化されるでしょう。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: