ビットコインが50,000ドルを下回り、株式市場がインフレ上昇に苦戦

By Blockworks – 2024/02/14 00:49:15 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコインが48,000ドルに達し、S&P 500が記録的な終値を記録する中、強靭な雇用市場とポジ
ビットコイン、約48,000ドルに急騰し、価格の上昇を脅かす

最新のインフレデータを踏まえ、新しい記事ではビットコイン、イーサリアム、株式市場の最近のパフォーマンスについて取り上げています。また、連邦準備制度理事会が予想を上回るインフレにより利下げに慎重な姿勢を示していることも触れられています。一方、類似の記事では、仕事市場、経済見通し、ETFのパフォーマンスなど他の要素との関連性に焦点を当ててビットコインと株式市場のパフォーマンスを取り上げています。新しい記事と類似の記事の両方がビットコインと株式市場のパフォーマンスについて触れていますが、文脈や考慮される要素は異なります。新しい記事は、これらの市場へのインフレデータの影響について新しい情報を提供しており、類似の記事では取り上げられていない内容です。したがって、新しい記事には類似の記事に含まれていない新しい事実と分析が含まれています。

株式は下落し、仮想通貨は混沌としたパフォーマンスを示しました。これは、最新の消費者物価データが予想を上回る高いインフレを示したことによるものです。1月の消費者物価指数は12月から0.3%上昇し、前年比では3.1%増加しました。これは、アナリストの予測である月間0.2%の上昇と年間2.9%の増加を上回りました。S&P 500指数とナスダック・コンポジット指数は、取引開始時に両方とも下落しました。ビットコインは一時的に50,000ドルを超えましたが、その後0.4%程度下落し、イーサリアムは約4%上昇しました。

このインフレデータは、来月に連邦準備制度理事会(FRB)による利下げが期待されていた投資家にとって課題となる可能性があります。現在、3月の利下げの可能性はわずか9%であり、5月の利下げの確率は37%です。ニューヨーク連邦準備銀行の1月の消費者期待調査によれば、1年間のインフレ予想価格は約3%の高水準を維持する見込みです。FRBは、利下げを検討する前に、低下するインフレの証拠をより多く見たいと考えています。

全体的に、仮想通貨と株式市場の混合パフォーマンスは、予想を上回る高いインフレが投資家のセンチメントに与える影響を反映しています。ビットコインが50,000ドルを超える急騰は良い兆候とされていますが、FRBの利下げに対する慎重な姿勢は、低下するインフレの証拠がさらに必要であることを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: