シティバンク、アバランチのスプルースサブネットでのプライベートエクイティファンドのトークン化を探る

By CoinDesk – 2024/02/20 04:00:06 (JST)

シティバンクはWisdomTreeとWellington Managementと協力し、AvalancheのSpruceサブネットでのプライベートエクイティファンドのトークン化をテストし、資本市場を刷新することを目指しています。この動きは、T. Rowe PriceやCumberlandなどの企業も同様に、取引実行と決済を効率化するためにサブネットを活用していることから、ウォール街がブロックチェーンアプリケーションにますます関心を示していることを示しています。このテストには、エンドツーエンドのトークン転送、二次取引、担保付き融資などの新しい機能の探索が含まれており、スマートコントラクトを通じた強化された自動化とコンプライアンスの可能性を示しています。

プライベート資産のトークン化を探ることで、シティバンクの概念実証は新たな運用効率と市場機会を開拓しようとしています。この取り組みは、投資家と発行者のためにスマートコントラクトを通じてより大きな自動化、改善されたコンプライアンス、強化されたコントロールを導入することを目指しています。シティ、Wellington、WisdomTree、DTCC Digital Assetsなどの主要金融機関がAvalancheを採用することで、このプラットフォームは機関投資家向けのブロックチェーン採用のリーダーとしての地位を確立し、金融部門での革新的なソリューションの道を開いています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: