中国当局、広範な取り締まりの中で暗号関連の詐欺に警告

By The Block – 2024/02/20 18:30:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ホンジュラスの規制機関が国内での暗号通貨取引を禁止

中国大連の当局が発表した警告に焦点を当てた新しい記事は、暗号通貨やメタバース投資を装った詐欺スキームについて議論しています。また、中国全体での暗号通貨関連詐欺への取り締まりを取り上げ、中国本土と香港の規制アプローチを対比しています。一方、別の類似記事では、ホンジュラスでの詐欺やマネーロンダリングリスクによる暗号通貨取引の禁止について議論しています。両記事とも暗号通貨規制や詐欺リスクのテーマに触れていますが、異なる国々や具体的な規制措置に焦点を当てています。したがって、新しい記事は類似記事で取り上げられていない新しい事実と文脈を提示しています。

中国の大連当局は、暗号通貨やメタバースの投資を装った詐欺スキームに注意を呼びかけました。この通知は、WeChatグループなどのオンラインプラットフォームを通じて投資家を標的とする違法な資金調達活動の広まりを強調しました。これらの詐欺は、個人を誘い込んで不正アプリをダウンロードさせ、違法な仮想通貨を購入させることを含み、違法な資金調達や詐欺、その他の犯罪活動につながる可能性があります。この警告メッセージは、暗号関連の詐欺に対する中国の取り締まりに沿ったもので、暗号通貨取引の禁止に続くものです。

2021年9月、中国人民銀行、最高人民法院、その他の中央当局は、中国本土でのすべての暗号通貨取引活動を禁止しました。この禁止は、中国居住者向けに海外の暗号通貨取引所が提供するサービスも違法な金融活動と見なすものでした。本土の厳格な姿勢とは対照的に、香港は2023年6月に仮想資産取引プラットフォームのライセンス制度を導入し、HashKeyやOSLなどのライセンス取得取引所が小売取引サービスを提供できるようにし、香港を暗号関連企業にとって歓迎される環境に位置付けました。

中国の規制環境は、暗号関連の詐欺や違法活動と戦うための総力を挙げており、当局は詐欺的な投資スキームに伴うリスクを強調しています。中国本土では暗号通貨取引やマイニングに取り組む一方、香港は仮想資産取引プラットフォームのライセンス取得を促進することで好意的なアプローチを取っています。これらの対照的な規制アプローチは、中国の異なる地域での暗号通貨に対する態度の違いを浮き彫りにし、当局が投資家を潜在的な財務的被害や詐欺行為から保護しようとしていることを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: