Starknetトークンの配布と取引計画が批判を受ける

By The Block – 2024/02/21 03:20:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
StarknetがSTRKトークン配布を調整し、請求の詳細を発表
StarknetのSTRKトークン、巨額エアドロップ後に価値急騰

新しい記事では、StarknetのネイティブトークンであるSTRKの取引が中央集権取引所で開始されたことや、約130万のウォレットに対する配布請求の開始について取り上げています。また、特にコアコントリビューターや投資家向けのアンロックイベントに関する配布計画を巡る論争に触れています。同様の記事では、STRKトークンの配布について取り上げられており、1つは配布や請求の詳細に対する調整に焦点を当て、もう1つは大規模なエアドロップに続くトークンの価値急上昇について議論しています。しかし、新しい記事では特定のプラットフォームでの取引開始やアンロックイベントのタイミングに関する追加情報を提供しており、同様の記事にはない新しい事実や詳細が含まれています。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は同様の記事にはない新しい事実や詳細を提供しています。

StarknetのネイティブトークンであるSTRKは、本日、約130万のウォレットの分配請求が開始された後、中央集権取引所で取引が開始される予定です。取引は、Binance、Bybit、Bitfinex、OKXなどのプラットフォームで行われ、流動性要件が満たされ次第、取引が開始されます。これは、StarknetがZK-Rollupソリューションを活用して分散型アプリケーションのスケーリングを図り、ネットワーク内の分散化とガバナンスを推進する取り組みの一環として行われます。

STRKトークンの分配には、総供給量の7.28%にあたる7億2800万トークンが関与し、StarknetやStarkExの初期ユーザー、Ethereumの貢献者、オープンソース開発者など、さまざまなグループが対象となります。2022年11月に行われたスナップショットによって、ネットワーク上の相互作用に基づいて対象ウォレットが決定されました。分配計画に対する批判があるものの、Starkwareはタイムラインに忠実であり、トークンのアンロックイベントに関する誤解や批判に直面しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: