Ethenaの収益モデルとリスク管理戦略が検証される

By CoinDesk – 2024/02/21 06:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Ethena Labsが1億4000万ドルの資金調達を実施し、USDeステーブルコインを発表

新しい記事と類似した記事の両方が、EthenaのUSDeステーブルコインとその収益モデルについて取り上げています。ただし、新しい記事はより最近の詳細な数字を提供し、EthenaがUSDeトークンで2億8700万ドル以上を集め、ホルダーには年率27%の利回りを提供していると述べています。これは、類似した記事で報告された総ロックアップ価値が2億2400万ドル以上で、年率12-20%の利回りであるという内容と比べて、重要な更新です。さらに、新しい記事では、Ethenaのリスク管理戦略や持続可能性に関する懸念にも言及しており、これらは類似した記事では取り上げられていません。したがって、トピックは類似していますが、新しい記事は更新された数字と新しい洞察を提供しています。

分散型金融プラットフォームEthenaは、USDeトークンで2億8700万ドル以上の大規模な流入を記録し、保有者には27%の年率利回りが提供されています。ユーザーはステーブルコインをステークしてUSDeを受け取り、他のDeFiプラットフォームに供給することができます。利回りは、イーサをステーキングし、イーサの先物を空売りして資金調達率を捉えることで生み出され、20%を超えると推定されています。

Ethenaのモデルが注目を集めている一方、一部の暗号コミュニティは、過去に同様のプロジェクトが利回りの逆転により失敗したことを引き合いに出し、その持続可能性に懸念を表明しています。他の人々は、Ethenaのリスク管理戦略に疑問を呈し、将来の課題を指摘しています。Ethenaのリサーチヘッド、Conor Ryderは、これらの懸念に対処し、プロトコルのパラメータは歴史的なテストに基づいており、負の資金調達率に耐えるよう設計されていると述べました。

Ryderは、イーサを長期保有する需要に備え、資金調達ラウンドの大部分を初期保険基金に割り当てる計画であることを強調しました。プラットフォームは、イーサの先物を空売りすることに伴うリスクを緩和し、異なる資金調達率に対処するための安定性を維持することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: