Mastercard(MA)が新興地域で暗号通貨リワードを提供するためにSwoo Payと提携

By CoinDesk – 2024/02/21 11:50:06 (JST)

MastercardがSwoo Payと提携し、アフリカや東南アジアなどの地域で暗号通貨リワードを提供し、Google Payにアクセスできないユーザーを対象としています。このパートナーシップは、Visaなど他の支払いネットワークや事業が停止したイニシアチブによって残されたロイヤルティリワードのギャップを埋めることを目指しています。Swoo Payの共同創設者は、米国の制裁によりGoogleサービスが利用できないHuaweiスマートフォンの多い国のユーザーに到達する重要性を強調しました。

Mastercardは、ユーザー向けのリワードであるSwooトークンをサポートし、これらはビットコインやUSDCなど他の暗号通貨に簡単に換金できます。1月に行われた5%の暗号通貨キャッシュバックプログラムは、17,000人の参加者を集めました。MastercardとSwoo Payの協力は、Androidユーザー向けのトークン化された支払いを強化し、ユーザーが日常の購入をする際に革新的なインセンティブを提供することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: