Bitcoin ETF HODL、手数料削減前に取引量急増

By CoinDesk – 2024/02/21 17:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
VanEckのスポットビットコインETFの取引高が、手数料引き下げ前の前日に1000%以上急増
BTC ETF取引が1月以来の最高水準に急増

新しい記事と類似した記事は、VanEckのHODL Bitcoin ETFの取引高の急増について議論しており、これは手数料の削減が迫っていることに帰せられています。個々の取引の増加を指摘し、小売業者の熱狂を示唆しています。新しい記事では、取引高が4億ドルに達したという具体的な数字を提供しており、これは類似した記事でも言及されています。新しい記事では、ETFが2月20日時点で約2億ドル相当のビットコインを保有していることも言及されていますが、これは類似した記事には記載されていません。ただし、これは物語全体の流れを変えるほどの重要な新事実ではないため、新しい記事には類似した記事との差別化につながるような実質的な新事実や分析が含まれていないようです。

VanEckのHODL Bitcoin ETFは、火曜日に取引量が2200%以上増加し、1日平均の1700万ドルに比べて4億ドルに達しました。この急増は、翌日にVanEckが0.25%から0.20%に手数料を削減する予定であることに先立って発生しました。ETFは現在、2月20日時点で約2億ドル相当のビットコインを保有しています。

HODLの取引量は、市場の主要なリーダーであるGrayscaleのGBTCとBlockRockのIBITに次いで3位にランク付けされました。Bloomberg Intelligenceのアナリスト、Eric Balchunasは、取引量の急増が32,000件の個別取引によって駆動されており、1つの大口投資家の活動ではなく小売業者の熱狂を示していると指摘しました。Balchunasは、取引の急増がRedditやTikTokなどのソーシャルメディアの影響を受けている可能性があり、小売業者主導の活発な取引増加を生んでいると推測しました。

HODLや他のビットコインETFの取引活動の活況により、1月のローンチ以来最高の取引量が記録されました。取引量の急増と機関投資家ではなく個人取引へのシフトは、アナリストの観察によると、ビットコイン投資への小売業者の関心が高まっており、ソーシャルメディアの推奨の影響を受けている可能性が示唆されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: