香港、仮想通貨保管サービスのためのガイドラインを策定し、投資家保護と規制順守を強化

By The Block – 2024/02/21 18:20:06 (JST)

香港金融管理局(HKMA)は、地元機関向けのトークン化とデジタル資産保管に関するガイドラインを発表しました。ガイドラインは、リスク管理、顧客資金保護、およびマネーロンダリング規制への準拠の重要性を強調しています。機関は包括的なリスク評価を実施し、顧客資産を企業資産から分離し、盗難や詐欺などのリスクを緩和するための緊急対応計画を策定する必要があります。HKMAはまた、仮想通貨保管サービスに関連するリスクの完全な開示とマネーロンダリングガイドラインへの遵守を義務付けています。

香港の認可機関は、HKMAが示す基準に6か月以内に適合することが期待されています。この動きは、香港がアジアの主要な仮想通貨ハブとしての地位を確立しようとする取り組みと一致しています。地域は最近、仮想資産取引プラットフォームのライセンス制度を導入し、HashKeyやOSLなどのプラットフォームにライセンスを付与しました。香港は、仮想通貨保管サービスの明確な基準を設定することで、投資家保護の強化、透明性の促進、および仮想通貨業界の規制枠組みの強化を目指しています。

HKMAのガイダンスは、仮想通貨セクターにおける適切なガバナンス、リスク管理、および規制要件への遵守の重要性を強調しています。香港は、機関に顧客資金保護とリスク緩和戦略を優先させるよう促すことで、安全で透明な仮想通貨保管サービスの環境を育成しようとしています。これらのガイドラインは、香港が仮想通貨業界の成長と発展を支援するために堅固な規制枠組みを確立するという地域の取り組みを反映しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: