香港金融庁、ステーブルコインとOTC規制を前進

By CoinDesk – 2024/02/21 21:50:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
香港、公式発表:コンサルテーション後にステーブルコインとOTCクリプト法案を提出予定

この記事と類似した記事は、香港がステーブルコインとOTCサービスの規制を進めることについて取り上げています。金融サービス局と香港金融管理局の関与、ステーブルコイン発行者への公開コンサルテーション、OTC取引ライセンス制度の提案など、重要なポイントが両方の記事に含まれています。類似した記事では、秘書のChristopher Huiの役割や立法会への法案提出計画も言及されており、この記事でも取り上げられています。ただし、この記事では、仮想通貨保管サービスを提供する企業に対する香港の最近のガイダンスや、スポットビットコイン上場ETFの承認検討に関する追加情報が提供されています。これらの詳細は類似した記事には含まれておらず、この記事には新しい事実が含まれていることを示しています。

香港政府は、ステーブルコインとOTCサービスの規制を前進させており、ステーブルコイン発行者に関する公開協議やOTC取引ライセンス制度の提案に続いています。財務局と香港金融管理局が積極的に関与しており、クリストファー・フイ財務サービス・財務長官は、これらのライセンス制度に関する法案が、協議結果と準備作業の進捗に基づいて立法会に提出されると述べました。

香港の行動は、世界各地の様々な管轄区が暗号通貨業界の監督を強化する中で、グローバルなトレンドと一致しています。香港は最近、暗号通貨の保管サービスを提供する企業に対するガイダンスを提供し、スポットビットコイン上場ETFの承認を検討しています。これらの展開は、政府が暗号通貨取引活動を規制し、業界の運営に構造化された枠組みを確保するという取り組みを反映しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: