Incoが1kxを主導とする450万ドルのシードファンディングラウンドを完了

By PANews – 2024/02/21 23:03:42 (JST)

モジュラー・ブロックチェーン開発企業のIncoは、1kxが主導する450万ドルのシードファンディングを成功裏に調達しました。Circle Ventures、GSR、Polygon Ventures、Robot Ventures、Alliance DAO、Matter Labsなどが参加しました。ファンディングラウンドは9月に開始され、11月に終了し、将来の株式に関する簡易契約(SAFE)とトークンワラントを含んでいました。Incoは昨年8月に設立され、Gentryという最初のテストネットを発表し、今年後半には2番目のテストネットPaillierをリリースし、メインネットは第4四半期に予定されています。会社の焦点は、分散型アプリケーションのための機密性を重視するモジュラーで相互運用可能なLayer1ブロックチェーンネットワークの開発にあります。Incoのアプローチは、データの利用可能性とアクセスに焦点を当てるCelestiaやLavaなどの他のプロジェクトとは異なり、機密性に重点を置いています。Gentryの発表はIncoの旅の始まりを示し、Paillierテストネットのリリースや今年末までのメインネットのリリースなど、今後の四半期にさらなる展開が期待されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: