LidoがstETHとwstETHの迅速な引き出しのために1inchを統合

By The Block – 2024/02/22 01:30:06 (JST)

Lidoは、流動性ステーキングプロトコルとして、stETHおよびwstETHトークンのアンステーキングを行うユーザーの引き出しプロセスを迅速化するために、1inchを取引集約サービスとして統合しました。この追加により、Ethereum、Arbitrum、Optimismなどのさまざまなチェーンへの迅速な脱出が可能となります。1inchの複数チェーンへの最適化により、ユーザーは数多くの分散型取引所で価格を集約することで取引の最良レートを得ることができます。

1inchを活用することで、Lidoユーザーは、アンステーキング時にstETH/wstETHとETHの間を迅速にスワップすることができ、引き出し待ち行列を回避できます。Lidoのモデルは、ユーザーの暗号通貨をプールし、stETHやwstETHなどのステーク資産に相当する流動性ユーティリティトークンを提供することを含みます。このアプローチにより、ユーザーはMetaMaskやCurveなどの分散型アプリケーションで使用するためにステーク資産にシームレスにアクセスできます。さらに、LidoはPolygonブロックチェーンをサポートし、ネットワークのネイティブトークンであるMATICのステークバージョンをユーザーに提供しています。

競争が激しいDeFiの環境にもかかわらず、LidoはDeFi内で総ロックバリュー(TVL)において最大の流動性ステーキングプロトコルとしての地位を維持し、2月21日時点でのTVLは295億ドルに達しました。この1inchとの統合により、アンステーキングプロセスと異なるチェーン上でのステーク資産へのアクセスを効率化し、効果的でユーザーフレンドリーなステーキングソリューションの提供に対するLidoの取り組みが強化されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: