2024年:zkEVMと機関規模の流動性集約による伝統的資産管理のブロックチェーン革命

By CoinDesk – 2024/02/22 03:20:06 (JST)

2024年は、機関投資によるブロックチェーン技術への投資を通じて、伝統的資産管理を革新する準備が整っています。特に、ゼロ知識イーサリアム仮想マシン(zkEVM)の開発により、現実世界の資産のトークン化が可能となり、主要なブロックチェーン採用に不可欠なメインネットレベルのセキュリティ、スケーラビリティ、流動性ポテンシャルが提供されます。zkEVMは、ゼロプルーフ環境内でのスマートコントラクト取引を可能にし、機関投資家がロバストなセキュリティ保証と迅速な決済時間を低コストで利用できるようにします。

zkEVMの機能は、機関規模での流動性集約を促進し、異なるチェーン間でのほぼ即時の決済とシームレスな取引を可能にします。この流動性ポテンシャルにより、ブロックチェーンエコシステム内でのトークン化製品やデリバティブなどの高度な金融ツールの導入が可能となります。流動性リソースの集約は、これらの資産を効率的に管理するために不可欠であり、機関が高い流動性とセキュリティの利点を持つ拡大されたブロックチェーンエコシステムにアクセスできる未来を切り拓きます。

機関は、取引のアクセシビリティや資産の多様性のためにブロックチェーン技術にますます注目していますが、既存システムとの統合には課題があります。zkEVMのセキュリティと統合のポテンシャルは、これらの障壁に対する解決策を提供し、Hamilton LaneやBrevan Howardなどの機関がLibraなどの現実世界の資産トークン化プラットフォームを採用しているのを見ると明らかです。開発者体験の向上と数学的証明によるセキュリティの確保が、機関投資家向けに適合性と安全性を持つように既存システムを統合し、運用コストを削減する上で鍵となります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: