スポットイーサーETFがイーサリアムの集中リスクを増大させる可能性、S&Pグローバルアナリストが警告

By The Block – 2024/02/22 03:50:06 (JST)

S&P Globalのアナリストは、提案されたスポットイーサーステーキングETFがイーサリアム内の集中リスクを高める可能性があると警告しています。SECはこれらのETFを5月初旬に承認する見込みであり、BlackRockやFidelityなどの主要プレーヤーを引き付ける見通しです。これらのETFは、ステーキングを管理するために分散型プロトコルであるLidoではなく、機関カストディアンを選択すると予想され、ネットワーク内のバリデーターの集中度に影響を与える可能性があります。

新しい暗号カストディアンの登場により、ETF発行者は異なるエンティティ間でステークを分散させることで、イーサリアム内の集中リスクを軽減するのに役立つかもしれません。JPMorganのアナリストも、集中度に関連するリスクを強調し、ネットワーク内の中央集権化によって生じる潜在的な脆弱性を指摘しています。異なるカストディアンにステークを分散させることで、ETF発行者は集中したバリデーターのポジションによって引き起こされるリスクを緩和し、より強靭で分散化されたエコシステムを促進することができます。

スポットイーサーETFの導入に伴い、イーサリアム内の集中リスクを管理することが非常に重要となります。カストディアンを戦略的に選択し、ステークを分散させることで、ETF発行者はよりバランスの取れた安全なネットワーク環境に貢献することができます。これらの発行者の決定は、イーサリアムのバリデーターの集中度や全体的なネットワークの安定性を形作る上で重要な役割を果たすでしょう。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: