ドナルド・トランプ、ビットコインの成長する影響力と規制必要性を認める

By CoinDesk – 2024/02/24 19:20:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ドナルド・トランプ、ビットコインに前向きな姿勢を示す

新しい記事と類似した記事の両方が、ドナルド・トランプ氏のビットコインに対する姿勢の変化について取り上げており、その成長する受容と規制の必要性を認識しています。両方の記事は、トランプ氏が以前に暗号通貨を批判し、伝統的な通貨を好むことを言及しています。また、彼が最近のタウンホールイベントで述べた発言を強調しており、ビットコインとその取引利用に対する彼の開放的な姿勢を示しています。しかし、新しい記事は、類似した記事には言及されていない中央銀行デジタル通貨(CBDCs)に対するトランプ氏の批判に関する追加情報を提供しています。トランプ氏のCBDCsに対する見解に関するこの新しい事実は、新しい記事を類似した記事と異なるものにしています。

ドナルド・トランプ前米大統領は、ビットコインが「独自の進化を遂げており」、暗号通貨の受容が増していることを認め、規制が必要になる可能性があると述べました。トランプ氏は、サウスカロライナ州でのタウンホールイベントでこれらの発言を行い、一部の規制が必要かもしれないとしつつも、多くの人々がビットコインを取引に利用していることを指摘しました。

これは、トランプ氏が以前の仮想通貨に対する立場からの転換を示しており、2019年には「お金ではない」として批判的な立場を取っていました。過去の懐疑論にも関わらず、トランプ氏は現在、ビットコインの考え方によりオープンになりつつあり、支払いに使用する興味が高まっていることを指摘しました。ただし、彼はドルに対する愛着を示し、伝統的な通貨を好むと述べました。

ビットコインの議論に加えて、トランプ氏は中央銀行デジタル通貨(CBDCs)を批判し、それらを危険視し、再選された場合には許可しないと約束しました。この立場は、CBDCsが金融システムに与える潜在的な影響への懸念を反映しており、ビットコインや暗号通貨空間での規制の必要性と対照的です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: