クレイグ・ライトのビットコイン裁判でのメールの真正性を巡る論争

By CoinDesk – 2024/02/27 16:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
クレイグ・ライトがCOPA裁判でビットコインのホワイトペーパーを編集したことを認める
ビットコイン貢献者がCOPA裁判でクレイグ・ライトに証言

新しい記事は、ビットコインの発明者であると主張するクレイグ・ライトの妻が共有したメールの信頼性を巡る論争に焦点を当てています。これらのメールは、ライトの元代理人であるオンティアによって改ざんされたと主張されています。この記事では、デジタルフォレンジックス専門家であるパトリック・マデンの尋問も取り上げられており、マデンはライトが提出した文書の信頼性に疑義を呈しています。一方、類似した記事は、裁判の異なる側面に焦点を当てています。最初の類似記事では、ライトがビットコインの白書を変更したことを認めたことが取り上げられており、2番目の類似記事では、初期のビットコイン貢献者たちがライトの主張を否定する証言が議論されています。これらの記事はすべて同じ裁判に関連していますが、それぞれが異なる事実や側面を提示しています。したがって、新しい記事は類似記事とは重複していないのです。

クレイグ・ライトの元弁護士たちは、彼の妻が共有したメールの真正性を巡って論争しています。これらのメールは、ビットコインの発明者であると主張する彼の裁判で証拠として提示されました。ウライトと元代理人であるオンティアとの間でやり取りされたメールは、ウライトがこれらを交互尋問中に参照した後、オンティアによって改ざんされたと主張されています。ウライトは、これらのメールが2019年にオンティアがオーストラリアの会計プラットフォームにアクセスしていたことを証明していると主張していました。

ウライトの現在の弁護士であるシュースミスは、裁判所で争われているメールとオンティアの反応を明らかにし、ウライトと原告である暗号オープン特許同盟(COPA)を代表する弁護士によるさらなる分析を導きました。裁判では、デジタルフォレンジックス専門家であるパトリック・マデンが交互尋問を受け、ウライトがビットコインの創設者であるとする主張を支持するために提示された文書の真正性に疑念を投げかけています。

マデンの交互尋問では、彼の調査結果や手法に対する検証が行われ、彼が報告書の作成にCOPAの弁護士に依存していたことや事件へのアプローチについて質問がなされました。マデンの予定されていた2日間の交互尋問は1日で終了し、シュースミスはCOPA側の追加証人に対する質問を見送りました。裁判は翌日に再開され、さらなる手続きが行われる予定です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: