共和党上院議員が連邦準備制度にデジタルドル発行を阻止する法案を提出

By CoinDesk – 2024/02/27 18:00:06 (JST)

共和党上院議員クルーズ、ヘガティ、スコット、バッド、ブラウン氏は、プライバシー侵害の懸念を挙げ、連邦準備制度によるデジタルドル発行を防ぐ法案を提出しました。この法案は「CBDC反監視国家法」と題され、連邦準備制度がCBDCを実施する権限を持っていないことを明確にすることを目的としています。この動きは、CBDCに関する議論が活発化しており、連邦準備制度がまだ初期研究段階にあり、議会とホワイトハウスの承認を待っている状況の中で行われています。

共和党の指導者である前大統領トランプ氏は、CBDCの創設を禁止することを約束しています。一方、民主党のスティーブン・リンチ議員は、デジタルドルのパイロットプログラムを提唱する法案を再提出し、世界各国がCBDCを探求しているグローバルなトレンドを強調しています。共和党は、CBDCの潜在的な実施に対抗するために、デジタルドルパイロット防止法やCBDC反監視国家法などの法案を以前に提出しています。

CBDCに関する議論は重要な問題となっており、両党の議員がその問題について異なる意見を表明しています。クルーズ氏やトランプ氏のような共和党員はデジタルドルの発行を阻止しようとしている一方、リンチ議員のような民主党員は、グローバルな動向に対応して米国がCBDCを探求することを提唱しています。米国におけるCBDCの将来は不透明であり、継続的な議論や立法活動がデジタル通貨政策の方向を形作っています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: