イーサリアム Layer 2 ブラスト、メインネットのローンチを前に$20億のTVLを突破

By The Block – 2024/02/27 19:30:05 (JST)

イーサリアム Layer 2 ブラストは、メインネットのローンチが2月29日に予定されており、総ロックアップ価値が20億ドルを超えました。Tieshun Roquerre率いるこのプロジェクトは、イーサリアムやステーブルコイン向けのネイティブ Layer 2 収益生成を提供し、ユーザーがステーキングやMakerDAOなどのオンチェーンプロトコルに預け入れることで報酬を得ることができます。人気を集めている一方で、ブラストは、ユーザーがより多くのポイントを獲得するものの、メインネットのローンチまで引き出すことができないというモデルについて批判を浴びています。また、ブラスト関連のギャンブルプロジェクトであるRiskOnBlastは、トークンのプリセールで100万ドル以上を調達した後、投資家を騙して資金を引き出しました。プロジェクトは15万7638人以上のコミュニティメンバーを集め、Layer 2 収益生成への革新的なアプローチが注目を集めています。ブラストの20億ドルの TVL は、収益を生み出しステーキングの機会を提供する分散型ファイナンス(DeFi)プラットフォームへの関心の高まりを反映しています。ただし、引き出し制限や最近の RiskOnBlast に関連するラグプル事件など、プロジェクトの構造やマーケティング戦術について懸念が示されています。これらの課題にもかかわらず、ブラストはメインネットのローンチに向けて前進し続け、ユーザーや dapps に向けて強化された DeFi 機能を提供することを目指しています。ブラストがメインネットのローンチに向け準備を進める中、プロジェクトは暗号コミュニティ内で興奮と検証を同時に受けています。Paradigm と Standard Crypto からの注目すべき投資を受けて、ブラストは DeFi 分野の主要プレイヤーとして位置付けています。ただし、プロジェクトは批判に対処し、ユーザーや投資家の信頼を維持するために透明性を確保する必要があります。今後のメインネットのローンチは、ブラストが約束を実現し、競争の激しい DeFi ランドスケープを効果的に航行する能力を決定する重要なマイルストーンとなります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: