暗号資金、$30億取引高と$18億の純流入を記録

By The Block – 2024/03/04 22:00:07 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
デジタル資産投資商品、史上2番目の週間流入額を記録
ブラックロックのIBITが牽引、スポットビットコインETFが記録的な6億7300万ドルの日次純流入

新しい記事と類似した記事は、世界のデジタル資産投資商品における取引高が300億ドルに達したことを取り上げており、特に米国の現物ビットコインETFに焦点を当てています。また、仮想通貨ファンドへの週間純流入額が18.4億ドルという過去2番目に大きな数字であることも言及されています。両記事とも、特に米国のファンドからのビットコイン投資商品への大きな流入を強調しています。新しい記事では、イーサベースおよびポリゴンベースのファンドへの流入、およびソラナ商品からの流出についての詳細も提供されていますが、これらの詳細は全体のニュースの内容を大きく変えるものではありません。したがって、新しい記事はいくつかの追加情報を提供していますが、中核となる内容や事実は、類似した記事とほぼ同じです。

先週、グローバルなデジタル資産投資商品は、取引高が$30億という記録を達成し、米国のスポットビットコインETFが市場を席巻しました。取引高は前例のない水準に達し、信頼できる取引所でのグローバルビットコインの日次取引高の50%を占めました。米国のスポットビットコインETFだけで、週間取引高は記録の$223億を記録し、日次取引高は$76億を超えました。

さらに、暗号資金は、記録的な週次純流入のうち$18.4億を計上しました。流入の大部分である$17.2億がビットコイン投資商品に流入し、週間の米国資金の純流入は$18.8億に達しました。Grayscaleのファンドからの一部の流出にもかかわらず、新生の米国スポットビットコインETFはこれを上回る$32億の流入を記録しました。価格が20%以上上昇したことで、ショート投資家もポジションを増やし、$22百万がショートビットコイン投資商品に流入しました。

デジタル資産投資商品の運用資産は、$826億という史上最高に迫り、2021年11月初旬に設定されたピークにわずか及びます。イーサベースの投資商品は、2022年7月以来の最大週次流入である$85百万を追加し、Polygonベースのファンドは$76百万の流入を記録しました。一方、Solana商品は3週連続で$1200万の流出を経験しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: