Ether.Fi、Omni Networkとの$600Mのリステーキング取引を通じてEigenLayerセキュリティを強化

By CoinDesk – 2024/03/04 22:10:07 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Ether.FiがOmni Networkを保護するために600億ドルのイーサリアムを拘束

まず、この記事と類似した記事の両方が、Ether.FiとOmni Networkの間での6億ドルの再ステーキング取引について議論しています。コミットされたイーサーの量とそのコミットの目的は、両方の記事で同一です。第二に、類似した記事では、Ether.Fiが180億ドルの総ロック価値のうちの3分の1を委任していることも言及されており、この記事でも同様の情報が提供されています。最後に、Omni NetworkがEthereumソリューション間の安全な通信を促進する役割も、両方の記事で言及されています。したがって、この記事の主な事実と数字は、既に類似した記事で網羅されています。

Ether.FiはOmni Networkとの$600Mのリステーキング取引を締結し、EigenLayerのセキュリティを強化することになりました。この取引では、Ether.FiがOmni Networkを保護するために多額のイーサリアム(ETH)を担保することが含まれており、これにより、Ethereumのロールアップ間の通信を低遅延かつ安全に行うことが可能となります。担保となるイーサリアムは、Ethereumのリステーキングエコシステムにおける重要なプロジェクトであるEigenLayerにおいて、セキュリティ侵害や資産のペッグ解除に対する保護策として機能します。

Omni Networkは、Ether.FiのリキッドトークンであるeETHをホワイトリストに登録し、Ether.Fiのノードオペレーターを選択して、自身のActively Validated Service(AVS)を運営します。この取引は、Ether.Fiが$23MのシリーズAの資金調達ラウンドを完了した直後に行われ、Ether.Fiが蓄積した$18億の総担保価値のうちの3分の1を委任することになります。リキッドリステーキングは、ネイティブにステークされたイーサリアムに追加の収益と報酬を提供するものであり、DefiLlamaのデータによると、EigenLayerの総担保価値は12月以来、$250Mから$10Bに急増しています。

Ether.Fiが「ファイナルカウントダウン」というキャンペーンを開始することで、リステーキング活動に参加している人々に報酬としてガバナンストークンのエアドロップが行われる可能性が示唆されています。リステーキング市場は大きく成長しており、EigenLayer上でリステーキングプロセスを簡素化し、将来的にトークンのエアドロップに変換可能なロイヤリティポイントを提供するEther.FiやPufferなどのプロジェクトが登場しています。EigenLayerの創設者であるSreeram Kannanは、OmniがEigenLayer上でAVSとして展開されることに興奮を表明し、Ethereumエコシステムにおける高い暗号経済の整合性の重要性を強調しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: