暗号通貨の商品パラドックスを乗り越える:イーサの分類論議

By Blockworks – 2024/03/05 00:40:27 (JST)

暗号空間におけるイーサの商品分類に関する論争は、イーサが商品であるかどうかという謎めいた性質を持つシュレーディンガーの猫のパラドックスに似ており、イーサは同時に商品であり、そうでない存在としています。この曖昧さは、イーサが価値の蓄積、消費可能な商品、および利子を生む資産として機能するEthereumネットワーク上での多面的な役割から生じています。2022年のDeFi取引高が約1.2兆ドルであり、2030年までに5兆ドルの見込みスマートコントラクト経済を持つとARK Investment Managementが推定していることで、イーサの価値が強調されています。

イーサのセキュリティ、商品、または通貨としての地位を定義する複雑さは、明確で包括的な暗号規制の欠如によってさらに複雑になっています。規制上の明確さの欠如は、市場参加者がイーサを意味のあるカテゴリーに分類することにおいて課題を提起し、不確実性と仮定をもたらしています。イーサの事実上の決定不能性は、イーサの商品パラドックスに対処するために、米国の政策立案者が暗号規制の複雑な風景を航行しなければならない緊急の問題を提起しています。米国における進化する規制環境と、Ethereum上での革新と利用の継続は、イーサの規制に微妙なアプローチが必要であることを強調しています。

イーサを巡る規制上の課題は、米国を超えて、スイスのFINMAや欧州連合(EU)などの組織が暗号資産やステーキングサービスの定義に苦しんでいます。スイスのFINMAは、初めは2021年のDLT法に基づき、ステーキングプロバイダーに銀行ライセンスの保有を求めていましたが、後の展開

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: