ブラックロックがビットコインETFセグメントでリーダーとして台頭

By Blockworks – 2024/03/05 04:55:31 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ブラックロックのIBITスポットビットコインETF、わずか7週間でAUMが100億ドルを突破
投資家の動向:Grayscale GBTCの流出を相殺するビットコインETFの流入、ブラックロックの

新しい記事と類似した記事は、BlackRockのiShares Bitcoin Trust(IBIT)の急速な成長と、資産管理額が100億ドルを超えたことについて議論しています。また、ビットコインETFセグメントでの競争についても触れており、特にFidelityのWise Origin Bitcoin Fund(FBTC)やGrayscaleのBitcoin Trust ETF(GBTC)との競争を取り上げています。新しい記事では、ビットコインETFの流入に関する具体的な数字を提供しており、これは記録的な週におけるビットコインETFの流入に関するものであり、類似した記事には記載されていません。しかし、類似した記事では、IBITが管理するビットコインの数量やGBTCからの流出など、新しい記事には記載されていない他の詳細が提供されています。したがって、全体的なトピックや一部の詳細は同じですが、各記事は他の記事には見られないユニークな情報を提供しています。

ブラックロックのiShares Bitcoin Trust(IBIT)は、資産管理額が急速に100億ドルを超え、ビットコインETFセグメントでの先行者となっています。フィデリティのWise Origin Bitcoin Fund(FBTC)は約65億ドルの資産を持ち、グレースケールのBitcoin Trust ETF(GBTC)は約270億ドルでリードしています。しかし、業界の専門家は、GBTCからの資金流出が高い手数料のため続くと予想しています。

IBITの急速な台頭は、FBTCが追いつくのに課題を提起しており、IBITは一貫して高い純流入額と取引量を引き付けています。ビットコインETFの流入が記録的な週に、IBITは65億ドルに対し、FBTCは6.5億ドルを獲得しました。ブラックロックのETFは取引量を席巻し、特定の日にはセグメント全体の40%以上を占め、投資家の関心と流動性の強さを示しています。

ブラックロックの現在の支配力にもかかわらず、ビットコインETFセグメントには複数の競合他社に十分な余地があり、資産が15億ドル以上ある5つのファンドが存在しています。IBITが資産でGBTCを追い越すかどうかは疑問の余地があり、特にブラックロックの提供する取引量が強さを示していることを考えると、競争は激化すると予想されます。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: