ビットコインが銀の時価総額に迫る中、BTC価格が急騰;ETHはミームコインのラリーの中で新高値を記録

By CoinDesk – 2024/03/05 06:00:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコイン(BTC)価格急騰、機関投資家主導で小売参加は限定的
ビットコイン(BTC)価格が1か月で45%上昇、アナリストはさらなる上昇を期待

新しい記事と類似した記事は、最近のビットコイン価格の急上昇を取り上げ、これを機関投資家の関心と米国上場の現物ビットコインETFの開始に帰する。ただし、新しい記事は、ビットコインの価格が$67,000を超え、銀の$1.35兆の時価総額に迫ること、レバレッジ取引で約$120 millionの清算、ビットコイン関連の上場商品に対する記録的な週である$1.73 billionの流入を記録したことなど、より最新かつ詳細な数字を提供している。また、イーサリアムの価格が$3,600を超え、DOGEやSHIBなどのミームコインの大幅な価格上昇に触れている。さらに、ビットコインの新たな短期目標価格を$70,000として示している。これらの新しい事実や数字は、類似した記事にはない。類似した記事では、ビットコインの価格が$60,000を超え、1月に開始された米国上場の現物ビットコインETFへの純流入額が言及されている。

ビットコインの価格は$67,000を超え、銀の時価総額である$1.35兆に迫りました。この価格変動により、主にショートポジションの約$1.20億が清算されました。イーサも上昇し、$3,600を超えました。DOGEやSHIBなどのミームコインも大幅な値上がりを経験しました。先週、IBITを含む米国上場のビットコインETFは大きな資金流入を引き付け、ビットコイン関連の上場取引製品は$17.3億の資金流入を記録しました。ETHに焦点を当てたファンドも需要があり、純資金流入は$85百万でした。

市場アナリストはビットコインの価格変動に楽観的で、今週には需要が世界的に拡大する中で新たな歴史的高値が予想されています。ビットコインは大口投資家の仮想通貨への関心により強い勢いを見せており、スイスブロックは市場への新規参入者の増加を強調し、現在の上昇をFOMOの感情と米国地域銀行の弱体化に帰属しています。レポートでは、$70,000のビットコイン価格が短期的な目標として設定され、これは2021年11月の過去最高値を上回ります。

全体として、仮想通貨市場は引き続き好調なトレンドを示しており、ビットコインの急騰やETHやミームコインへの強い需要が市場活動を牽引しています。ETFへの資金流入は堅調なままであり、ビットコインに対する新たな高値や短期的な$70,000の価格目標が予想されています。アナリストは、機関投資家からの関心の増加やミームコインのラリーが現在の市場勢いの主要な要因であると述べ、市場の見通しに楽観的です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: