SECがブラックロックのスポットイーサリアムETF提案の決定を延期し、一般からのフィードバックを求める

By The Block – 2024/03/05 08:10:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
SECがBlackRockのイーサリアムETF提案を再び延期
スポットイーサETFの承認は不透明、クリプト弁護士が述べる | ザ・ブロック - 要約

新しい記事と類似した記事はすべて、SECがBlackRockの現物イーサリアムETF提案についての決定を延期していることを取り上げています。それらはすべて、ETFの承認にまつわる不確実性、SECの決定が暗号市場に与える影響、暗号コミュニティ内での異なる意見について言及しています。新しい記事は、SECが一般からのフィードバックを求めていることやコメントと反論の提出期限に関する具体的な詳細を提供しており、これは類似した記事には記載されていません。しかし、類似した記事は、他の企業がETF提案を修正した内容やGrayscaleによる潜在的な訴訟など、追加の文脈を提供しています。したがって、全体的なトピックは同じでも、各記事は独自の情報と視点を提供しています。

SECは、ブラックロックのスポットイーサリアム上場投資信託(ETF)の提案についての決定を2度目に延期し、また、フィデリティのスポットイーサリアムETFについての決定も延期することを決定しました。SECは、両提案について一般からのフィードバックを求めており、特にイーサリアムのステーキングメカニズムに関連する懸念や詐欺や操作への脆弱性に焦点を当てています。関係者は21日以内にコメントを提出することができ、35日以内に反論が期待されています。

スポットイーサリアムETFの承認に関する見通しについて、暗号コミュニティ内で意見が分かれています。一部の専門家は楽観的であり、最近のビットコインETFの承認を前例として、承認が5月にも可能性があると示唆しています。一方で、法的複雑さやワシントンD.C.の規制環境による不確実性を表明し、より慎重な立場を取る人もいます。SEC委員長のゲンスラーは、スポットビットコインETFの承認は広範な傾向を示すものではないと強調し、暗号セクターにおけるETFの承認に対して慎重かつ慎重なアプローチを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: