暗号通貨決済企業Baanx、Ledgerの参加で2,000万ドルのシリーズA資金調達を達成

By PANews – 2024/03/05 18:40:51 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Baanx、Ledger、Tezos、Chiron、British Business Bankからシ

新しい記事と類似した記事の両方が、Baanxがレジャー、Tezos、Chiron、および英国の銀行からの支援を受けて、シリーズAラウンドで2,000万ドルを確保したと報じています。両方の記事は、総調達額が3,000万ドルを超え、Baanxが非保管型ブロックチェーン製品に焦点を当てていることを述べています。また、両方とも、英国およびヨーロッパでのMastercardとのパートナーシップを強調しています。新しい記事には、類似した記事で既に取り上げられていた新しい事実や数字はありません。

暗号通貨決済企業Baanxが、Ledger、Tezos、Chiron、英国の銀行からの支援を受け、シリーズAラウンドで2,000万ドルを調達し、総額は3,000万ドルを超えた。Baanxは英国のFCAに認可され、ユーザーが資金を自己管理し、実世界での支出を可能にする非保管型ブロックチェーン製品に焦点を当てている。Ledgerは英国と欧州でのMastercardとのパートナーシップを通じて、暗号通貨決済の発展を目指している。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: