ドイツ取引所、機関投資家向けに規制された暗号通貨取引プラットフォームDBDXを開始

By CoinDesk – 2024/03/05 20:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ドイツ取引所が規制された仮想通貨取引プラットフォームを開始

まず、この記事と類似した記事の両方が、Deutsche Boerseによる機関投資家向けの規制された暗号通貨取引プラットフォームの立ち上げについて取り上げています。両記事で述べられているとおり、このプラットフォームの目的は、機関投資家向けに特化した暗号通貨取引のための規制環境を提供することです。ただし、この記事には類似した記事にはない追加情報が記載されています。取引は最初に見積もりリクエスト方式で行われ、その後に多角取引が行われると述べています。また、Crypto Financeが決済および保管サービスを提供し、ドイツの規制当局から4つのライセンスを取得したことが記載されています。さらに、Crypto FinanceとApex Groupの間の以前の提携に言及しています。これらの追加情報は、プラットフォームの運営および規制順守に関するより包括的な理解を提供し、類似した記事にはないものです。

Deutsche Boerseは、機関投資家向けに規制された暗号通貨取引プラットフォームDBDXを立ち上げました。このプラットフォームは、暗号資産の取引、決済、および保管のための完全に規制されたエコシステムを提供しています。最初はRFQベースで取引が行われ、その後に多国間取引が行われます。このプラットフォームは、ヨーロッパの機関投資家向けに透明性、セキュリティ、および規制順守を確保することを目指しています。

取引会場はDeutsche Boerseが運営し、決済および保管サービスはCrypto Financeが提供します。ドイツの規制当局は最近、Crypto Financeにデジタル資産、取引、決済、および保管サービスの4つのライセンスを付与しました。Deutsche Boerseの支援を受けたCrypto Financeは以前、Apex Groupと提携して機関投資家向けの暗号資産投資商品を提供しており、市場での暗号取引オファリングの拡大に関心が高まっています。

Deutsche Boerseが規制された暗号通貨取引プラットフォームを立ち上げたことは、機関投資家の間で暗号資産への需要が増加していることを反映しています。このプラットフォームは、規制基準に準拠しながら、機関投資家が暗号市場に参加するニーズに応えるために、暗号資産の信頼できる市場運営を提供することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: