Utilaが機関向けクリプトプラットフォームを拡大するために1150万ドルのシードファンディングラウンドを調達

By PANews – 2024/03/05 23:05:05 (JST)

機関向けクリプトプラットフォームのUtilaは、NFXとWing VCが主導するシードファンディングラウンドで1150万ドルを調達しました。Framework Venturesや著名なエンジェル投資家も参加し、2023年に確保された資金は製品開発の加速とチーム拡大に充てられます。Utilaの非保管ウォレットは、ビットコイン、イーサリアム、Solanaなどのネットワークをサポートし、機関投資家や地元のクリプト企業向けに30億ドル以上の取引を容易にしています。

Balaji Srinivasan、Charlie Songhurst、Surojit Chatterjeeなどのエンジェル投資家もUtilaの資金調達ラウンドに参加しました。同社の非保管ウォレットはMPCキーマネジメントで動作し、複数のネットワークでデジタル資産の管理を可能にしています。Utilaは迅速なオンボーディングサービスを強調し、取引口座、DeFiプラットフォーム、銀行口座との統合を5分未満で実現しています。セキュリティと使いやすさに焦点を当てたプラットフォームは、数ヶ月間で大規模な取引量を達成し、多くの機関投資家を惹きつけています。

Utilaの成功した資金調達ラウンドは同社にとっての画期的な出来事であり、製品提供とチーム能力の向上を可能にしています。機関投資家や地元のクリプト企業を中心にユーザーベースが拡大する中、Utilaの非保管ウォレットはそのセキュリティ機能と様々なネットワークとのシームレスな統合により、機関向けクリプト空間で重要なプレーヤーとしての地位を確立しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: