Utila、機関向けクリプトプラットフォームのために1150万ドルのシード資金調達

By The Block – 2024/03/05 23:10:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Utilaが機関向けクリプトプラットフォームを拡大するために1150万ドルのシードファンディングラウ
Utilaが1100万ドル調達、暗号化空間でのトークン化を強化

新しい記事と類似した記事はすべて、Utilaが成功裏に1150万ドルのシードファンディングラウンドを達成したと報じています。NFX、Wing VC、Framework Venturesを含む投資家は、すべての記事で言及されています。資金調達の目的は、製品開発を強化することであり、すべての記事で一貫しています。新しい記事と類似した記事は、Utilaの非保管ウォレットとビットコイン、イーサリアム、Solanaなどのさまざまなネットワークへの対応を強調しています。過去6ヶ月間にUtilaが3十億ドル以上の取引を容易にしてきた事実も、すべての記事で言及されています。新しい記事には、類似した記事で既にカバーされている新しい事実や数字はありません。

機関向けクリプトプラットフォームのUtilaは、NFX、Wing VC、Framework Venturesなどの投資家から1150万ドルのシード資金を獲得しました。このプラットフォームは、組織がデジタル資産を安全に管理できるマルチチェーンの非保管ウォレットを提供しています。Utilaは過去6か月で30億ドル以上の取引を支援し、資金を受けて製品開発を強化することを目指しています。

NFXとWing VCが共同で主導したシード資金調達ラウンドには、Balaji SrinivasanやCharlie Songhurstなどの著名なエンジェル投資家も参加しました。Utilaは、機関や開発者がチェーンに関係なくデジタル資産を安全に管理することを支援することに焦点を当てています。このプラットフォームの使いやすいインターフェースは、企業にとって暗号資産の採用プロセスを簡素化し、業界の運用、規制、セキュリティの課題に対処しています。

Utilaの非保管ウォレットは、Bitcoin、Ethereum、Solanaなどのさまざまなネットワークをサポートし、セキュリティを強化するためにMPCキーマネジメントを活用しています。このプラットフォームの迅速なオンボーディングプロセスや、取引所口座、DeFi、銀行口座との統合により、ヘッジファンド、OTCデスク、マーケットメーカーなどの機関にとって好ましい選択肢となっています。UtilaのCEOであるBentzi Rabiは、このプラットフォームが既存の暗号資産管理の課題に取り組む包括的なエコシステムを提供し、企業向けのグレードの高いウォレットをよりアクセス可能で安全にすると強調しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: