Bitcoin(BTC)価格が歴史的な急上昇で新記録を樹立

By CoinDesk – 2024/03/06 00:10:15 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Bitcoin価格が一時的に$64,000を超え、BTC先物のオープン・インタレストが史上最高に達す
ビットコイン(BTC)価格が65,000ドルを超える中、暴騰する暗号通貨株

記事では、アメリカのスポットBitcoin ETFからの大口買いによって、Bitcoinが$69,000を超える新記録を達成したことが取り上げられています。また、Bitcoinの過去のパフォーマンスについても言及されており、これには$69,045の前回の最高値、2018年から2019年の暗号通貨の冬、そして2020年3月のCovid刺激策の開始と共に続いた急上昇が含まれています。一方、他の類似した記事では、Bitcoinの価格がそれぞれ$64,000と$65,000を超える上昇に焦点が当てられ、Bitcoin先物のオープンインタレストが過去最高に達したことや、スポットBitcoin ETFの資産管理額の増加が言及されています。類似した記事はBitcoinの上昇やETFの関与など一部の重複する情報を提供していますが、新記事で提供された$69,000を超える新記録や歴史的背景、2023年末に向けての流動性不足については触れられていません。したがって、新記事には類似した記事に含まれていない新しい事実や分析が含まれています。

Bitcoin(BTC)の価格はCoinbase取引所で69,000ドルを超える新記録高に急騰しました。これは、米国のスポットBitcoin ETFからの大規模な買い支えによるものです。この歴史的な急上昇は、ETFが1月に取引を開始したことで始まり、Bitcoinはすぐに2月半ばに50,000ドルを超えました。市場の観察者は、BlackRockがBitcoin ETFの上場を申請し、Bitcoinが資産クラスとしての機関投資家からの受け入れを高めたことに支えられ、Bitcoinが2023年中頃にブルマーケットに入ったと考えています。

アナリストは、Bitcoinの急上昇を、機関投資家がBitcoinを採用するための規制変更、Ethereum上のDeFiの台頭、および暗号空間へのベンチャーキャピタル投資の増加など、さまざまな要因に帰属しています。記録的なインフレや連邦準備制度の利上げといった課題に直面しながらも、Bitcoinは2020年から2021年にかけて上昇を続け、69,045ドルという前回の史上最高値に達しました。2023年末には流動性不足が起こり、Bitcoin価格の急騰に寄与しました。

暗号市場は長年にわたり大きな変動を経験しており、2017年は規制措置、ICOバブル、およびその後の詐欺事件が特徴的な時期でした。ICO時代の終了後、Bitcoinは大幅に下落し、2018年から2019年の暗号ウィンターで3,100ドルの安値をつけ、徐々に回復を始めました。その後の急上昇は、2020年3月にCovid刺激策が始まったことと重なり、Bitcoinの持続的な成長と最近の価格のマイルストーンの舞台を築きました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: