SolanaベースのDePIN io.net、最新の資金調達ラウンドで10億ドルのトークン評価に到達

By The Block – 2024/03/06 02:50:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
DePINプロトコルio.net、分散型GPUネットワークのために3,000万ドルのシリーズA資金調

新しい記事と類似した記事の両方が、DePIN io.net に対する3,000万ドルのシリーズAラウンドを取り上げており、同じ出資者である Hack VC と Multicoin Capital 、および資金調達の目的であるAIおよびML企業向けの分散型GPUネットワークの設立を言及しています。新しい記事は、1,000億ドルのトークン評価、資金調達ラウンドの構造、およびプロジェクトチームの拡大を含む追加の詳細を提供しています。しかし、これらの詳細は新しい事実ではなく、同じ出来事にさらなる文脈を提供しているに過ぎません。したがって、新しい記事には類似した記事で取り上げられていない新しい事実は含まれていません。

SolanaベースのDePIN io.netの開発元であるIO Researchは、最新の資金調達ラウンドで10億ドルのトークン評価を達成し、Hack VCやMulticoin Capitalなどの投資家から3,000万ドルのシリーズA資金を調達しました。この資金調達ラウンドは、将来の株式に対する簡易契約(SAFE)とトークンワラントが1:1の比率で構築され、投資家はトークンに対する最低1年間のロックイン期間があります。プロジェクトは、顧客の需要増加に対応し、ネットワークを拡大するために、年末までにチームを50人から100人に拡大することを目指しています。

io.netは、昨年11月に立ち上げられたプロジェクトで、AIやML企業向けのGPUコンピューティングパワーを調達し、コスト効率の良いGPUリソースを提供しています。25,000以上のGPUと40,000時間以上のコンピューティング時間を処理したio.netは、透明なコンピュートの証明を提供するためにSolanaブロックチェーンを活用し、GPUコンピューティングを民主化することを目指しています。IOトークンは取引を容易にし、ネットワーク参加者にインセンティブを提供し、世界的なGPUチップ不足の中でクラウドAIサービスのコスト削減を実現しています。

io.netのクラウドAIコストを最大90%削減できる能力は、Hack VCなどの投資家から賞賛され、GPUチップ不足に直面する市場でio.netの影響力を示しています。Solanaブロックチェーンを活用することで、io.netはGPUコンピューティングのアクセシビリティと効率を革新し、AIおよびML業界の主要プレーヤーとしての地位を確立しています。成功した資金調達ラウンドと今後のトークン発行により、io.netは競争の激しいテック業界でさらなる成長と革新に向けて準備が整っています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: