モンテネグロ控訴裁判所がテラフォームラボ創業者ド・クォンの引き渡し決定を覆す

By Blockworks – 2024/03/06 05:41:37 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
モンテネグロ控訴裁判所がド・クォン氏の米国への引き渡し決定を覆す
モンテネグロ裁判所、ド・クォン氏の米国への引き渡しを3度目に取り消し

新しい記事と類似した記事はすべて、モンテネグロ控訴裁判所によるド・クォンの引き渡し判決の覆いについて同じ主要な出来事を取り上げています。米国と韓国の関与、ニューヨークでの今後の民事裁判に関する詳細も、新しい記事と類似した記事の両方に含まれています。ただし、新しい記事には、すでに類似した記事で取り上げられている新しい事実や数字は提供されていません。新しい記事には、事件に関する新しい展開や更新情報、また状況についての新しい分析や視点も示されていません。したがって、新しい記事の内容は、すでに類似した記事で提供されている情報の繰り返しと見なすことができます。

モンテネグロの控訴裁判所が、米国へのテラフォームラボ創業者であるド・クォンの引き渡し決定を覆しました。これは、米国、モンテネグロ、韓国を巻き込む紛争の最新の展開を示しています。クォンは2023年3月以来、モンテネグロで拘束されており、米国と韓国の両国が彼の引き渡しを求めています。米国証券取引委員会(SEC)によるクォン氏の民事裁判は3月25日にニューヨークで始まる予定であり、さらなる遅延は予想されていません。

クォンの米国法律チームは、モンテネグロ当局が米国と韓国からの引き渡し要求を受け取った順番に混乱があるとして、引き渡しプロセスは既に解決されているはずだと裁判官ラコフに通知しました。米国への引き渡しを支持する以前の判決にもかかわらず、クォンのモンテネグロの弁護士は、韓国の要求が最初に届いたと主張しています。声明には、引き渡しの最終決定がいつなされるかについての具体的な情報は含まれていません。

米国と韓国の間で矛盾する主張が絡むクォン氏の引き渡しに関する法的闘争は続いており、引き渡し要求のタイムラインについては不確実な点が残っています。ニューヨークでの民事裁判が近づく中、引き渡しプロセスの結末は不透明なままであり、クォン氏の法的チームは手続きの明確化の必要性を強調しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: