Aevoが資金調達で1億6600万ドルを調達、コミュニティエアドロップのために3%のトークン配布を計画

By PANews – 2024/03/06 20:05:33 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
バイナンスがBNBとFDUSDでAEVOマイニングプロジェクトを開始

まず、この記事と類似した記事の両方がAEVOプロジェクト、その資金調達、およびBinanceとの関連について取り上げています。類似した記事はBinanceがAEVOマイニングプロジェクトを立ち上げたことに焦点を当てていますが、この記事はAEVOの資金調達ラウンド、トークン配布、そして将来の計画についてより詳細な情報を提供しています。この記事では、類似した記事には触れられていないRBNトークンからAEVOへの換金も言及されています。両記事ともAEVOプロジェクトとBinanceとの関連について取り上げていますが、この記事は類似した記事にはない新しい詳細情報を提供しています。

分散型デリバティブ取引プラットフォームであるAevoは、シードラウンドで1850万ドル、シリーズAで1億3000万ドル、シリーズA+で2億5000万ドルを含む3回の資金調達で合計1660万ドルを調達しました。AEVOトークンの最大供給量は10億、流通供給量は1億1000万トークンで、Binance Launchpoolには4500万トークンが割り当てられています。トークン配布には、Binance Launchpoolに7%、プライベート投資家に18.5%、Binance Launchpoolに4.5%、コミュニティエアドロップに3%が計画されています。RBNホルダーは、2か月間のロックアップ期間付きでトークンを1:1の比率でAEVOに変換できます。残りのRBNアンロックスケジュールは予定通り進行し、プライベート投資家とチームは2024年5月までにRBNトークンを完全にアンロックします。AEVOには現在のアンロックリリースはありませんが、DAOの16%が将来のユーザーおよびエコシステムインセンティブに割り当てられ、4年以上にわたって予定されています。最近、Binanceは新しいコインマイニングプロジェクトの第48フェーズを開始し、BNBとFDUSDを使用してAEVOのマイニングを可能にしました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: