DCGがNYAGの訴訟を却下する: 隠された損失と詐欺の主張に異議

By CoinDesk – 2024/03/06 22:30:06 (JST)

DCGは、ニューヨーク州検事総長Letitia James氏が提起したDCGに対する訴訟を却下する動議を提出しました。訴状は、DCGが暗号通貨レンディング事業Genesis Global Capitalで損失を隠し、投資家を30億ドルだまし取ったと主張しています。DCG創業者Barry Silbert氏も、Three Arrows CapitalやFTXなどの暗号通貨企業の崩壊に伴う損失を隠して顧客や投資家をだましたという非難に対する却下動議を提出しました。

訴訟は、現在は廃止されたGemini Earn製品に関連する投資家やDCGの部門Genesisに直接投資した人々が、隠された損失によってだまされたと主張しています。DCGは、Three Arrows Capitalの崩壊後にGenesisに重要な資産を移転したと述べ、約束手形と14億ドル相当の現金やコインを含む資産を提供したと反論しています。また、Genesisから18,000ビットコインの融資を受けたという主張に対し、先行契約の統合であり、新たな資金は受け取っていないと主張しています。

DCGは、訴訟を批判し、「根拠のない中傷の薄い網」と「裏付けのない結論付けの主張」と表現しました。同社は、主張が不正確で誤りであると主張し、Three Arrows Capitalの崩壊後にGenesisから資金を引き出していないと強調しています。さらに、Genesisがニューヨーク州検事総長事務所に提案した和解案に対してDCGが異議を唱え、これを米国の破産法を回避しようとする試みとして非難しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: