SEC委員がShapeShiftの和解と暗号業界の規制不透明性を批判

By Blockworks – 2024/03/07 01:44:32 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
ShapeShiftがSECに275,000ドルの和解金を支払う
ShapeShift、暗号通貨証券の販売でSECの告訴に和解

新しい記事と類似した記事はすべて同じ主題を取り上げています:SECがShapeShiftとの間で証券登録なしでの証券販売の疑いに対する和解について。275,000ドルの和解金額やSECの主張、そしてShapeShiftが2021年にDAOへの移行を行った事など、主要な事実はすべての記事に含まれています。新しい記事は、SEC委員たちが暗号通貨業界の規制上の曖昧さを批判している点について追加情報を提供していますが、この情報は全体的な物語を大きく変えたりShapeShiftの事例に新たな事実を導入するものではありません。したがって、新しい記事には、類似した記事との差別化につながる新しい事実が含まれているようには見えません。

SEC委員がShapeShiftとの和解に不満を表明し、暗号業界の規制に関する議論を強調。PeirceとUyedaは、暗号資産の証券分類の不明瞭さを批判し、規制順守を求める企業が直面する課題に警鐘を鳴らした。Coinbaseが提出した規制請願がSECによって否決されたことは、暗号企業が直面する規制上の不確実性を浮き彫りにしている。ShapeShiftがDAOへの移行を果たしたことは、非保管型の取引慣行を維持しつつ、規制上の課題に適応する同社の姿勢を示している。現在のトークン数が180に増加したShapeShiftは、アカウント不要の暗号通貨取引プラットフォームから分散型エンティティへの進化を強調している。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: