アバランチがDurangoアップグレードをリリースし、テレポーターを発表、サブネットエコシステム間のコミュニケーションを向上させる

By The Block – 2024/03/07 02:20:06 (JST)

Avalanche開発者は、サブネットエコシステム内のコミュニケーションを向上させるためにTeleporterを導入し、アプリケーション固有のチェーンを統一し、ネットワークの断片化の問題に対処することを目指しています。Teleporterは、Avalanche Warp Messaging(AWM)に基づいて構築され、特にC-ChainをサポートするEVM互換のサブネットをサポートしています。このツールは、Avalancheネットワーク上のさまざまなEVM互換のサブネット間でのコミュニケーションを容易にし、運用の一体性を向上させます。

サブネットは2022年にAvalancheで導入され、異なる垂直方向にカスタマイズされたアプリケーションチェーンを可能にしました。Teleporterを使用すると、Avalancheサブネット間でトークン、NFT、およびオラクル価格フィードデータなど、さまざまなデータタイプを共有できます。AvalancheのメインネットでDurangoアップグレードが行われた後、Teleporterの機能が有効化され、サブネットがAvalanche Warp Messaging(AWM)を使用してC-Chainとネイティブに通信できるようになりました。Solidity開発者は、Teleporterを使用して任意のAvalancheサブネットで契約の呼び出しをトリガーできます。

Avalancheネットワーク上でのTeleporterのリリースは、エコシステム内のコミュニケーションと相互運用性を向上させる重要な一歩を示しています。Avalanche Warp Messaging(AWM)を活用し、C-ChainなどのEVM互換のサブネットをサポートすることで、Teleporterはさまざまなアプリケーション固有のチェーン間でのコミュニケーションプロセスを効率化し、より一体的で効率的なネットワーク環境を促進します。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: