SEC委員ピアースとウイエダ、ShapeShiftの和解に対するSECの曖昧さを批判

By The Block – 2024/03/07 02:40:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
SEC委員がShapeShiftの和解と暗号業界の規制不透明性を批判
ShapeShiftがSECに275,000ドルの和解金を支払う

新しい記事と類似した記事はすべて、SECがShapeShiftとの和解について取り上げ、SEC委員ピアースとウイエダからの批判について議論しています。すべての記事は、SECの暗号通貨規制に対するアプローチの曖昧さを強調し、特にどの暗号資産が証券と見なされるかを明確にする際の不透明さを指摘しています。新しい記事には、類似した記事で既に取り上げられている新しい事実や数字は提供されていません。和解金額や関与するトークンの数、委員からの批判はすべて、類似した記事で言及されています。したがって、新しい記事は既に報告されている情報や独自の分析に新しい情報や独自の分析を追加しているようには見えません。

SEC委員ピアースとウイエダは、ShapeShiftに対するSECの執行措置を批判し、それが同機関の考えられていない暗号ポリシーの一部であると述べました。ShapeShiftとの和解は、暗号業界に曖昧さをもたらすとして、委員らによって非難されました。SECは、資産が証券として適格かどうかを判断するために、Howeyテストを使用し、ShapeShiftが登録されていない証券業者として運営していると非難しました。

ピアースとウイエダは、SECの命令が79の暗号資産のうちどれが投資契約と見なされるかを明確にせず、明確さの欠如をもたらしたと強調しました。彼らは、SECの暗号空間における規制アプローチの悪影響について懸念を表明し、暗号資産の証券としての分類にまつわる不確実性を強調しました。委員らは、SECの執行戦略を批判し、同機関の「ただ登録してください」というアプローチが不十分で透明性に欠けていると述べました。

SECがShapeShift、Binance、Coinbaseなどの暗号企業に対する執行措置は、ピアースとウイエダから批判を浴びており、米国におけるより明確な規制の道筋を求めています。彼らは、どの資産が証券と見なされるかの分析において、委員会がより透明性を提供し、現行基準の不透明性と恣意性を疑問視しています。委員らは、SECにその意思決定プロセスを示し、暗号業界に向けたより一貫した規制フレームワークに向けて進むよう要請しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: