ナイジェリア中央銀行、Gluwa Nigeriaと提携してeNairaの普及を促進

By CoinDesk – 2024/03/07 22:30:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ナイジェリア中央銀行が規制上の課題に直面しながらeNairaの普及を推進するためにGluwaと提携

新しい記事と類似した記事の両方が、ナイジェリア中央銀行とGluwaの提携について取り上げており、eNairaの普及を促進することを述べています。両方の記事は、このプロセスを容易にするためにGluwaのCredalブロックチェーン技術の使用を言及しています。類似した記事では、eNairaが広範囲に普及する際に直面する課題についても取り上げられており、これは新しい記事でも言及されています。ただし、新しい記事では、Gluwaが中央銀行からAPIを受け取り、その技術との統合に焦点を当てた提携の具体的な焦点として、より簡単なローンの発生、追跡、決済、および信用スコアリングの促進に関する追加情報が提供されています。この情報は類似した記事には存在しません。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は類似した記事にはない新しい事実を提供しています。

ナイジェリア中央銀行は、Gluwa Nigeriaと協力してeNairaデジタル通貨システムの効率を向上させ、人口2億2600万人を超える国での導入を促進しています。Gluwaは、中央銀行からアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を受け取り、Credalブロックチェーン技術と統合することで、ブロックチェーン技術を通じた金融包摂と革新を目指しています。

Gluwaとのパートナーシップは、地元のフィンテックレンダーがCredalブロックチェーン技術を使用して、より簡単なローン発行、追跡、決済、および信用スコアリングを促進することに焦点を当てています。2021年の導入以来、ナイジェリアは中央銀行デジタル通貨(CBDC)の受け入れを拡大しようとしており、eNairaウォレットの数が大幅に増加し、取引額も昨年上昇しています。

eNairaの導入が拡大している一方で、ナイジェリアの2200億ドル規模の非公式経済は現金に大きく依存しており、デジタル決済への移行に課題があります。デジタル通貨を受け入れる商人が不足していることなど、eNairaの普及には課題があり、アフリカ最大の国での広範な利用が妨げられています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: