Bitcoinコールオプションが$70,000で集中し、オプション市場での強気なセンチメントと低ボラティリティを示す

By The Block – 2024/03/07 23:50:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
DeribitのBitcoinボラティリティ指数の急上昇がコールオーバーライティング戦略への関心を高

新しい記事と類似した記事の両方が、ビットコインのコールオプションに関するトピックと、特定のストライク価格での集中の影響について議論しています。両方の記事は、オプション市場におけるDeribitの役割や、暗黙のボラティリティがオプションプレミアムに与える影響についても触れています。ただし、新しい記事は、$70,000のストライク価格でのコールオプションの集中度や、過去24時間でDeribitの暗黙のボラティリティ指数が77%から72%に低下したことについて具体的な情報を提供しています。これらの具体的なデータは、類似した記事には言及されておらず、代わりにDVOLの急増やビットコインの価格が2024年9月までに$200,000に達する可能性に焦点を当てています。したがって、全体的なトピックや一部の詳細は類似していますが、新しい記事は類似した記事にはない新しい事実を提供しています。

ビットコインのコールオプションは、Deribitのデータによると、週末と月末の満期に向けて$70,000のストライク価格で大幅に集中しており、市場に強気の傾向を示しています。これらの満期におけるプットコールスキューは、アナリストによって肯定的な指標と見なされており、現在のプットコール比率はトレーダーの強気の傾向を示唆しています。$70,000のコールオプションの集中と低いプットコール比率は、市場での楽観的なセンチメントを示しており、トレーダーが潜在的な上昇に関心を持っていることを示しています。最近のビットコインオプション市場での暗黙のボラティリティの低下は、トレーダーの間でボラティリティの期待値が低下し、全てのストライク価格でオプションプレミアムが低下しています。暗黙のボラティリティの低下により、トレーダーがポジションを取るコストが下がり、過去24時間でDeribitのビットコインの暗黙のボラティリティ指数が77%から72%に低下しました。暗黙のボラティリティの低下は通常、オプションプレミアムの低下につながり、将来のボラティリティが過去よりも低いと予想されるため、市場参加者のリスクが低減します。オプションは、トレーダーに対して、特定の日付までに予め決められた価格で基礎となる資産を買う権利または売る権利を与える派生契約です。コールオプションは買う権利を、プットオプションは売る権利を提供します。$70,000のコールオプションの集中と低いプットコール比率を考慮すると、現在の市場状況はトレーダーにとって強気の展望を示しており、ビットコイン市場での潜在的な上昇を予測しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: