Chainalysisレポート:疑わしい麻薬ネットワークに関連する化学ショップが2015年以来、暗号通貨で2億5,000万ドルを受け取った

By The Block – 2024/03/08 00:10:06 (JST)

Chainalysisレポートによると、2015年以来、違法な麻薬ネットワークとの関係が疑わしい化学ショップが暗号通貨で2億5,000万ドルを受け取ったことが明らかになりました。この調査では、これらのショップに関連する数千のウォレットが発見され、そのうち約1億ドルが中国の薬物工場に流れたとされています。これらの資金は、フェンタニルやヘロインなどの違法麻薬の主要成分を生産する化学前駆体ショップに流れていると考えられています。

Chainalysisの最新調査結果によると、2023年の前回レポートと比較して、疑わしい麻薬に関連する取引が大幅に増加しており、化学前駆体ショップのウォレットに流れるデジタルトークンは約3,800万ドルと推定されていました。この増加が麻薬に関連する暗号取引の増加を反映しているのか、それとも今年になってより多くのウォレットを長期間分析した結果なのかは不明です。麻薬取引に関連する不正資金の追跡は、その秘密主義の性質から困難を極め、中国が世界的なフェンタニル前駆体の主要生産国であることが挙げられます。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: