ビットコインファンの間でのエリートルーンストーン銘文の入札熱狂

By NFT Plazas – 2024/03/08 16:48:22 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ルーンストーン:ビットコインオーディナルズでのマイルストーン

新しい記事と類似した記事の両方が、ビットコインのオーディナルにおけるRunestoneプロジェクトの重要性と、11万2,000以上のオーディナルウォレットを巻き込むエアドロップ戦略について論じています。両方の記事は、最大の碑文のサイズとその歴史的意義に言及しています。しかし、新しい記事では、Runestone #63140674のためのオークションについての追加情報を提供しており、入札額が108,252.64ドル(1.6 BTC)に達し、本日午後5時(GMT)に終了します。また、リーディングビダーである 'Jika' と、オークションがビットコインコミュニティに与える影響について紹介しています。さらに、新しい記事では、パリを拠点とする彫刻家Léo Caillardに関する詳細、彼のデジタル彫刻への転換、他の著名なアーティストとの比較についても述べています。これらの詳細は類似した記事には含まれていません。したがって、記事は共通のテーマを共有していますが、新しい記事は類似した記事でカバーされていない新しい事実と分析を紹介しています。

Ord CityのマーケットプレイスであるOrdinalsは、史上最大のOrdinal銘文であるRunestone #63140674のオークションを開催しており、入札額は108,252.64ドル(1.6 BTC)に達し、本日午後5時(GMT)に終了します。最高入札者はX社の’Jika’という個人であり、ビットコインファンの間で興奮を呼んでいます。Runestonesは、3,967,899バイト(3.967 MB)という印象的なファイルサイズとBitcoinブロック832,947における特筆すべき位置づけから、技術的な驚異とデジタルの傑作として認められています。

パリを拠点とする著名な彫刻家であるLéo Caillardは、伝統的な大理石作品で知られており、Runestonesの制作においてビットコインブロック内での彫刻に移行しました。Caillardの具体的な芸術からデジタル彫刻への旅は、過去と現在を融合させた芸術家としての進化を示す大胆な一歩です。彼の作品は、Damien Hirst、Jeff Koons、Olafur Eliassonなどの著名なアーティストと比較され、芸術界での重要性を確固たるものとしています。

Runestone #63140674のオークションは、早期のOrdinalsプラットフォームユーザーに112,383のデリゲート銘文をエアドロップを通じて配布する戦略的計画の一環であり、これらの銘文はオンチェーンデータにリンクします。オークションは公平な競争を確保する’Satoshi Mode’や’Hot Zone Rules’などの機能を備え、参加者は入札額の10%を担保として預ける必要があります。オークションが終了間際に迫る中、デジタルアートとブロックチェーン革新の重要な瞬間を迎える中、期待が高まっています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: