Bitcoinトレーダーがオプション市場への再びの関心を示す中、$200Kコールオプションに$20Mをロック

By CoinDesk – 2024/03/08 17:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Bitcoinコールオプションが$70,000で集中し、オプション市場での強気なセンチメントと低ボラ
DeribitのBitcoinボラティリティ指数の急上昇がコールオーバーライティング戦略への関心を高

新しい記事では、特にDeribitに上場された$200,000のコールオプションに対する再びの関心について取り上げられており、名目のオープンインタレストが2000万ドルを超えています。また、強気のセンチメントを反映したディープ・アウト・オブ・ザ・マネー・コールの急増も言及されています。同様の記事では、Bitcoinオプション市場での強気のセンチメントについても議論されており、1つは$70,000でのコールオプションの集中に焦点を当て、もう1つはDeribitのBitcoinボラティリティ指数の急増について取り上げています。しかし、新しい記事では、同様の記事には記載されていない$200,000のコールオプションとその満期日について具体的な詳細が提供されています。したがって、Bitcoinオプション市場での全体的な強気センチメントのテーマは同じですが、新しい記事は同様の記事にはない新しい事実と詳細を提供しています。

Bitcoinトレーダーは、Deribitに上場された$200,000のコールオプションに、$20 million以上の名義オープンインタレストを示しました。このオプションは、現在の市場価格である$67,000の約3倍で、12月27日に満期を迎える予定であり、6月と9月の満期ストライクにも追加の関心があります。これらの深いオプションの急増は、投資家が年末までにBitcoinが$200,000を超えることを賭けている強気なセンチメントを反映しています。

Bitcoinの価格が2021年に$60,000を超えた際に、$200,000のストライクコールオプションが人気を博しました。現在の深いオプションの関心は、BTCの半減期による供給削減により、強気を支持する供給と需要の不均衡が期待されていることに一致しています。供給と需要の比率が1:10に成長し続け、米国のウォール街が採用した米国拠点のスポットBitcoin取引所売買型ファンドにより、Bitcoinは今週$69,000を超える新記録を達成し、年初来の利益率は59.7%です。

全体的なオプション市場の活動は急増し、DeribitのBitcoinオプションの総名義オープンインタレストは過去最高の$20.4 billionに達し、2021年10月の前回のピークを上回りました。Etherのオプションの名義オープンインタレストも$11.66 billionと過去最高に達しました。深いオプションは、限られた潜在的損失と、満期前に市場がストライク価格を超えると利益が大きくなるという点で、重要な価格変動を推測する費用対効果の高い手段を提供しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: