Binance Labsがインキュベーションシーズン6からEthenaやDerivioを含む7つのスタートアップに投資

By The Block – 2024/03/08 17:10:06 (JST)

Binance Labsは、Ethena LabsやDerivioを含む7つのスタートアップに投資し、インキュベーションシーズン6を完了しました。これらのスタートアップは、合成ドルプロトコル、分散型デリバティブ取引所、DeFiプロトコル、分散型取引プラットフォーム、自律型ライフシミュレーション戦略ゲーム、AIパワードのWeb3ユーザー生成コンテンツプラットフォーム、知識共有プラットフォームなど、さまざまなセクターをカバーしています。投資額は開示されず、昨年12月に開始されたプログラムの終了を示しています。同社は、すべてのインキュベートされたスタートアップが投資を受けるわけではないことを明確にし、保証された資金のない創業者のサポートを強調しました。

Binance Labsの次のシーズン7プログラムは近日中に始まり、前向きな発想を持つ早期段階のプロジェクトの創業者を募集することに焦点を当てています。応募プロセスは継続的に開かれ、通常、多くのプロジェクトがBinance Labsのインキュベーションプログラムに応募します。シーズン6プログラムは「数百」の応募を受け、最終的に合計応募者の約3%にあたる12のスタートアップを選択しました。Binance Labsは、今年はBitcoinステーキングプロトコルBabylonやEthereumリステーキングプロトコルRenzoやPuffer Financeなどのプロジェクトを支援するなど、積極的に投資活動を拡大しています。昨年、Binance Labsは初めて外部資本を受け入れ、5億ドルのファンドを閉鎖し、未投資資本を有限責任事業組合に返還しました。

2023年11月現在、Binance LabsはThe Blockの大部分の投資家であるForesight Venturesと共に独立して運営を続けています。同社は暗号空間内のさまざまな企業に投資しており、Foresight VenturesのアンカーLPとしてBitgetが活動しています。The Blockは、暗号業界に関する客観的でタイムリーな情報を提供することに専念し、ニュース、リサーチ、データを視聴者に提供する際の独立性を強調しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: