BlackRockがグローバル・アロケーション・ファンドのためにスポットビットコインETFに投資する

By The Block – 2024/03/08 19:00:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ブラックロックがグローバル配分ファンドにビットコイン先物への露出を申請
米国市場でのスポットビットコインETFがGBTCの保有を超える見込み

記事では、BlackRockがグローバル・アロケーション・ファンドおよびストラテジック・インカム・オポチュニティーズ・ファンドを通じてスポット・ビットコインETFに投資する計画について取り上げています。また、BlackRockのiShares Bitcoin Trust(IBIT)の成功や提案されているスポット・イーサリアムETFに触れています。同様の記事では、BlackRockのビットコインやETFへの関与についても取り上げられており、最初の同様の記事では、グローバル・アロケーション・ファンドにおけるビットコイン先物への露出の申請について触れ、2番目の同様の記事では、BlackRockのIBITを含む米国におけるスポット・ビットコインETFの成功について議論されています。しかし、新しい記事では、グローバル・アロケーション・ファンドおよびストラテジック・インカム・オポチュニティーズ・ファンドにおける運用資産額やIBITが保有するビットコインの金額について、より最新かつ詳細な数字が提供されています。したがって、全体的な内容は似ていますが、新しい記事には同様の記事にはない新しい事実が含まれています。

BlackRockは、資産が約180億ドルに近いグローバル・アロケーション・ファンドを通じて、スポットビットコイン上場投資信託(ETF)に投資する計画です。同ファンドは、ブラックロックの関連会社がスポンサーであるビットコインを直接保有するETPの株式を取得し、国立証券取引所に上場しているビットコインETFに焦点を当てます。3月7日時点で資産管理額が178億ドルのグローバル・アロケーション・ファンドは、さまざまな証券を活用して収益を最大化しています。

グローバル・アロケーション・ファンドに加えて、ブラックロックは、360億7000万ドル以上の資産を保有するストラテジック・インカム・オポチュニティ・ファンドにもスポットビットコインETFを組み込むことを申請しています。ブラックロックのスポットビットコインETFであるiShares Bitcoin Trust(IBIT)は、1月のローンチ以来、記録的な1日の流入額である7億8830万ドルを記録し、ビットコインの史上最高値に続いています。IBITは現在、127億ドル相当のビットコインを保有しています。ブラックロックは、SECが決定を保留しているスポットイーサリアムETFの提案を含む、Fidelityからの類似提案と共に、提案を行っています。

ブラックロックがスポットビットコインETFに投資する動きは、機関投資家の間での暗号通貨への関心の高まりを反映しています。IBITの成功とスポットイーサリアムETFの潜在的なローンチにより、ブラックロックは暗号通貨投資商品への需要増加に乗じるためのポジショニングを行っています。デジタル資産をファンドに組み込むための同社の戦略的アプローチは、伝統的な金融が暗号市場を受け入れる進化する風景を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: